STRUCTURE

Structure

永住を支える、安全・安心の構造。

安全な基礎構造

地質調査(ボーリング調査)を行い、総数23本の杭を支持層まで到達させ、杭の抵抗力によって建物を安全に支えています。

安全な基礎構造

image

安全な基礎構造

image

二重床二重天井構造

1

image

二重床二重天井構造

コンクリートスラブと仕上げの間に空間を設けた二重床・二重天井構造。高いメンテナンス性を実現します。

遮音&断熱&結露防止の外壁・戸境壁

2

image

遮音&断熱&結露防止の外壁・戸境壁

躯体のコンクリート厚を、外壁150mm以上、戸境壁200mmに設定しました。また、外壁部には断熱材を入れ、断熱性、省エネ効果を高めるとともに、結露の防止にも努めています。

※タイプにより一部異なる場合があります。詳しくは係員にお尋ね下さい。

コンクリートかぶり厚

3

image

コンクリートかぶり厚

鉄筋を雨から守るコンクリートの厚み「かぶり厚」は、法律で[外壁20㎜、その他の部位30〜40㎜]の厚さが義務づけられています。「サンパーク小郡駅前レジデンス」は、外壁は30㎜、柱及び梁は40㎜のかぶり厚で建物を保護しています。

耐震壁のダブル配筋

4

image

耐震壁のダブル配筋

地震時に建物にかかる水平力のほとんどを負担する耐震壁に、よりねばり強さを発揮する二列配列のダブル配筋を採用しています。

耐久性の高いコンクリート

5

image

耐久性の高いコンクリート

「サンパーク小郡駅前レジデンス」では、マンションの主要構造体である柱や梁に、24〜36N/㎟のコンクリートを採用しました。

補強筋がひび割れを防止

image

補強筋がひび割れを防止

窓などの開口部周辺は構造的な応力が集中するため、補強筋を配置して強度を高め、より安全性を確保しています。

※一部開口部を除く。

対震玄関ドア

image

対震玄関ドア

地震で玄関のフレームが変形しても、玄関ドアが開く対震ドア枠を採用。万一の住戸内への閉じ込めを防ぎます。

パイプスペース遮音対策

image

パイプスペース遮音対策

排水管はグラスウールと遮音シートを巻き、音が伝わりにくいようにしています。

防音性に優れたサッシ

image

防音性に優れたサッシ

外部からの音を軽減する防音性に優れたサッシを採用しています。

※※上図サッシ図はイメージであり、窓の数や開口部の大きさ、その他諸条件により防音効果が異なる場合があります。