STRUCTURE構造

今も、未来も、安心の日々を支える
確かな耐震構造。

安定した支持地盤まで杭を打ち込む「杭基礎」を採用

安全な基礎構造

image

安定した支持地盤まで杭を打ち込む「杭基礎」を採用

地下26.1mの支持地盤まで複数の杭を打ち込む「杭基礎」を採用することにより、安定した建物構造を実現しています。

安定した支持地盤まで杭を打ち込む「杭基礎」を採用

安定した支持地盤を示すN値

N値とは「地層の硬軟」を示す値です。ボーリングする際に重さ63.5kgのハンマーを75cm落下させて、試験用サンプラーを30cm土中に打ち込むのに要する打撃回数をN値といいます。この値が大きくなるほど地層は硬くなります。関東ローム層のN値は3~5程度、軟弱な沖積粘性土は0~2程度となります。中高層建築物の基礎は、一般にN値30~50以上を支持層としています。

1溶接閉鎖型フープ

溶接閉鎖型フープ

image

コンクリートの拘束性を高める帯筋に、粘り強い溶接閉鎖型フープを採用し、地震時の主筋のたわみを防止します。

2耐震壁のダブル配筋

耐震壁のダブル配筋

image

地震時に建物にかかる水平力のほとんどが作用する耐震壁に、よりねばり強さを発揮する二列配列のダブル配筋を採用しています。

3コンクリートかぶり厚

コンクリートかぶり厚

image

鉄筋を雨から守るコンクリートの厚み「かぶり厚」は、法律で[外壁20㎜、その他の部位30〜40㎜]の厚さが義務づけられています。当マンションは外壁にも30㎜〜40㎜のかぶり厚で建物を保護しています。

4二重床・二重天井

二重床・二重天井

image

コンクリートスラブと仕上げの間に空間を設けた二重床・二重天井構造。高いメンテナンス性を実現します。

5断熱&結露防止の外壁・戸境壁

断熱&結露防止の外壁・戸境壁

image

躯体のコンクリート厚を、外壁150mm、戸境壁200mm以上に設定しました。また、外壁部には断熱材を入れ、断熱性、省エネ効果を高めるとともに、結露の防止にも努めています。

※タイプにより一部異なる場合があります。詳しくは係員にお尋ね下さい。


水セメント比

image

水セメント比

水セメント比とは、コンクリートの配合におけるセメント量に対して加える水の重量比。数字が低いほど水の量が少なく、強度の高いコンクリートになります。水セメント比を55%以下に設定することで、コンクリートの収縮を低く抑えています。

補強筋がひび割れを防止

image

補強筋がひび割れを防止

窓などの開口部周辺の四隅に補強筋を追加することで、ひび割れに対する補強効果をはかっています。

耐久性の高いコンクリート

image

耐久性の高いコンクリート

マンションの主要構造体である柱や梁に、27〜33t/㎟のコンクリートを採用しました。緻密で劣化しにくく、耐久性の高いコンクリートです。

安全性の高い外壁タイル使用

image

安全性の高い外壁タイル使用

Q-CAT認定を受けたタイル・接着剤の組み合わせは、従来の張付けモルタルに比べ、タイル落下のリスクが低くなります。
[Q-CATとは]外装タイルと接着剤の組み合わせ品質認定制度を指します。

※一部タイルを除く

鉄筋コンクリート造

image

鉄筋コンクリート造

圧縮に強いコンクリートと引張に強い鉄筋を一体化させることで、お互いの欠点を補い、より高い強度を生み出した、耐震性・耐火性・耐久性に優れた構造です。

対震玄関ドア

image

対震玄関ドア

地震で玄関のフレームが変形しても、玄関ドアが開く対震ドア枠を採用。万一の住戸内への閉じ込めを防ぎます。

ユニバーサル仕様

ユニバーサル仕様

ワイドスイッチを通常より低く、コンセントは逆に高く設置。お子様にも楽に操作できるよう配慮しました。

フルフラット仕様

image

フルフラット仕様

小さなお子さまやご高齢の方にとっては、3㎝程度のちょっとした段差でも転倒の原因になりかねません。そこで、玄関を除いて住戸内の段差をなくし、つまづきにくいフルフラット仕様を採用しました。