新着情報News

【紅梅グラッセ】二重床二重天井について

【紅梅グラッセ】二重床二重天井について
こんにちは。サンパーク紅梅グラッセです。

本日は、当物件の構造についてご案内いたします。
紅梅グラッセでは「二重床二重天井構造」を採用しております。

二重天井のメリットとして、天井裏の空間にダクトなどの配管類が隠れる、または一部を残してある程度隠れるため、天井の出っ張り引っ込みが少なくなり、天井が「すっきり」することが挙げられます。

二重床のメリットとして設備配管類のメンテナンスのしやすさがあります。床の要所要所に点検口や掃除口を設けることで、設備配管類の日頃のお手入れや交換が容易になります。一般的に二重床仕様のマンションの住戸の床には段差がなく、バリアフリー仕様になっています。

この二つの構造を取り入れることにより、天井裏や床下の空間で設備配管を動かせるので、将来のリフォームに柔軟に対応できます。

将来、売却する際も買い手がどのような物件を求めているかを考えるといいかもしれません。中古の物件を買われる方の多くがリフォームをされております。しやすい物件なのかそうでは無い物件なのかも売却する際の一つの軸になるかもしれませんね。