新着情報News

【白木原レジデンス】中部屋と角部屋の違いについて

【白木原レジデンス】中部屋と角部屋の違いについて

こんにちは!サンパーク白木原レジデンスです!

本日は、お部屋の「角部屋」と「中部屋」の
違いについてご案内いたします♪

一般的に、マンションなどの集合住宅では
片側のみ別の部屋と接しているお部屋、または建物がL字に
屈折している場合、屈折部分にあたるお部屋を「角部屋」と、
両側に隣接する住戸があるお部屋を「中部屋」と呼びます。
どちらも以下のような利点がそれぞれございます。
お部屋選びの際はぜひ参考にされてみてください♪

【中部屋のメリット】
◎室外の気温の影響を受けにくく、冷暖房効率が良い
◎角部屋と比べて価格が安く、月々のコストも抑えられる
◎遮音性が高く、外の騒音が聞こえにくい
◎壁の面積が多いため、家具の配置がしやすい
◎角部屋より数が多いため、お部屋の選択肢が増える

【角部屋のメリット】
◎採光面が多く、日当たりが良い
◎窓が2面以上あり、風通しや通気性が良い
◎玄関前の人の往来が少なく、プライバシーを保ちやすい
◎生活音があまり響かず、騒音トラブルが発生しにくい
◎資産性が高く、お部屋の価値が下がりにくい

サンパーク白木原レジデンスでは、
現在どちらのタイプもご案内可能となっております!
この機会にぜひモデルルームへお越しください♪

皆様のご来場を心よりお待ちしております。