新着情報News

【大野城グラッセ】マンションの構造・耐震性について

【大野城グラッセ】マンションの構造・耐震性について
こんにちは!サンパーク大野城グラッセです!

本日は、マンションの構造についてご案内いたします。

サンパークマンションでは、建物の構造にも様々な工夫を行っております。

【1】二重床・二重天井構造&コンクリートかぶり厚建物はコンクリートスラブと仕上げの間に空間がある二重床・二重天井構造となっており、遮音性能が高く水回りや電気配線のメンテナンス性に優れています。

また、雨から鉄筋を守るコンクリートの厚みである「かぶり厚」を、当マンションは外壁、柱及び梁を基準値よりも高い40㎜で保護しています。
【大野城グラッセ】マンションの構造・耐震性について
【2】遮音・断熱・結露防止の壁構造&ダブル配筋
躯体のコンクリート厚は、外壁150㎜以上・小境壁200㎜で設定してあり、外壁部には断熱材も入れてあるため、高い遮音性、断熱性及び省エネ効果が期待できます。

また、壁またはスラブ内に鉄筋を2列配置することで粘り強さを発揮するダブル配筋も採用しています。
【大野城グラッセ】マンションの構造・耐震性について
【3】耐久性の高いコンクリート
当マンションでは、マンションの主要構造体である柱や梁に24〜30N/㎟という従来よりも耐久性能の強いコンクリートを採用しております。

このように、もしものときの被害を最小限に抑える構造となっているため、普段の生活も安心して暮らしていただけます♪

他にご不明な点がございましたら、マンションギャラリーまでお問い合わせください。