新着情報News

【健軍レジデンス】水害ハザードマップの重要性

皆様、予想外の不安定な天候が続いておりますが如何お過ごしでしょうか。今回熊本県南部の球磨川流域の水害で甚大な被害が発生しております。防災科研の速報によると、既存の洪水ハザードマップと被害状況を対比した結果、「想定浸水範囲より広がったり、想定浸水深よりも超過する箇所もあり今後の検討が求められるが比較的正確に一致している」との発表もありました。

是非、今回の水害を機に熊本市が公表している水害ハザードマップをご確認いただき、お住まいのエリアの浸水範囲や浸水深の状況と指定避難場所を把握していただきたいと思います。

マンションギャラリーでは、ハザードマップをご準備しより詳しくご説明させていただきます。是非、皆様のご来場をお待ちしております。